So-net無料ブログ作成
検索選択

「目が悪くなりそう」「画面に酔いそう」、3Dテレビで不安なこと(Business Media 誠)

 専用メガネをかけることで、映像が立体的に見える3Dテレビ。各社が新製品を投入する2010年は“3Dテレビ元年”とも言われることもあるが、ニーズはどのくらいあるのだろうか。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 インターワイヤードの調査によると、「3Dテレビで見る際に、期待できそうなことは何ですか?」と尋ねたところ、最も多かったのは「迫力のある映像が見られる」で67.8%。以下、「臨場感がある」が57.7%、「その場に居るような感覚になれる」が42.6%、「家族で楽しめる」が18.1%、「出演者を身近に感じられる」が13.4%、「来客などと盛り上がれる」が12.9%で続いた。一方、「特にない」という人も15.1%いた。

 「3Dテレビについて、テレビの価格以外で気になること、疑問点や不安などはありますか?」と聞くと、最も多かったのは「目が悪くならないか」で44.8%。以下、「画面に酔わないか」が43.7%、「専用メガネの価格」が42.4%、「専用メガネをかけない時はどう見えるのか」が39.4%、「画質の良さ」が36.0%で続いた。

 「期待できること」で回答率が30%を超える項目は3つだったが、「疑問点や不安」では8つ。インターワイヤードでは「3Dテレビは、存在の認知度は高いものの、分からない点が多く、内容は良く知られていない」とコメントしている。

●3Dテレビで見てみたい番組は?

 実際に3Dテレビでどんな番組を見てみたいのだろうか。3Dテレビで番組を見てみたい(56.1%)という人に「3Dテレビで見てみたいのはどんな番組ですか?」と聞くと、トップは「映画」で91.1%。以下、「コンサート・ライブ」が51.2%、「スポーツ中継」が43.6%、「ドラマ」が40.5%、「演劇・ミュージカル」が35.2%で続いた。『アバター』や『アリス・イン・ワンダーランド』など多くの3D映画が登場している「映画」が断トツで人気があるようだ。

 インターネットによる調査で、対象は男女8596人(男性4381人、女性4215人)。調査期間は1月20日から2月4日。【堀内彰宏】

【関連記事】
3Dテレビで、見てみたいコンテンツは?
寝ころんで見ちゃダメ……3Dテレビ視聴“ルール”
3D映画『アバター』を見た人の75%は“満足”、その理由は?

<大野市長選>岡田氏が再選 福井(毎日新聞)
【菅内閣発足】新執行部、党運営を次々刷新 「脱小沢」の裏、不協和音(産経新聞)
横浜の弁護士刺殺事件、千葉の男に逮捕状(読売新聞)
割引拡大で高速料金収入減=首都、阪神など3社―10年3月期決算(時事通信)
福島県浜通りで震度5弱(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。